So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

和歌山県 新宮市 くまの庵 2013/03/10

新宮市で宿泊する事となったので、夕食を どこで・・・と
そういえば最近 出先で蕎麦を食べていない事に気付いた。
早速タブレットで“食べログ”で探すと、宿泊先の近くに蕎麦屋があった。
くまの庵に行ってみることにした。

やっと車が一台通れるような細いクネクネ道を上って行くと
真っ暗な中に“くまの庵”の文字が見えた。
玄関に行くまでに薔薇かなにかのアーチをくぐる。
玄関に入るとスリッパが用意されていたが、店からは誰も出てこない。
勝手に他人の家に上がるのは勇気が要る。
もし全く関係の無い“ただの他人の家だったらどうしようか・・・”
などと思いながらスリッパを履いて、戸を引くと『いらっしゃいませ』と、お店の人が出てきた。

もり蕎麦を注文した。
IMG_0633.JPG
蕎麦は私があまり好きではない細い蕎麦だった。
十割蕎麦なので香りも良かったし、コシも十分あった。

私にとって、定番の天ぷらが無いのはいただけない。
しかたがないので“出汁巻玉子”を追加注文した。
IMG_0635.JPG
出汁巻というのに、玉子に出汁があまり利いていない。
玉子焼きに蕎麦つゆがかかっているだけのように感じた。

つゆは甘からず、辛からず・・・量も少なかった。
蕎麦湯は美味しく感じた。

帰りに気付いたのだが、玄関を上がった所に
『達磨一門』と書かれていたような・・・。
そうか、高橋という親方の下で修業をしたのだろうか。
翁達磨を頂点とする“達磨一門”ではこういうタイプの蕎麦を喰わせるのか。

いつか頂点の店に行ってみたくなった。
天ぷらがあったらなぁ~♪♪



関連ランキングそば(蕎麦) | 新宮駅





nice!(3) 

戸隠高原 なお助 2012/10/29

戸隠高原の木道を歩き、冷たくて美味しい空気を思いっきり吸った。

この店が戸隠蕎麦ランキングにおいて、どの辺りの位置にあるのかは知らない。
何となく西尾市の“むらまつ”に似ているからなのか
この戸隠を訪れたら 必ずここで蕎麦をいただく。

窓際のカウンター席からは、戸隠高原散策の入り口にある鳥居が見える。
IMG_0562.JPG

『お帰りなさい!』『行ってらっしゃい!』きびきびした店員の声が気持ちいい。
やまくらげの漬物です・・・と、お茶と共に運ばれてきた。
美味しい漬物だった。
IMG_0561.JPG

私にとって定番の天ざるは、見慣れた“ぼっち盛り”である。
IMG_0564.JPG

蕎麦も角がきっちり立っていて、コシも香りも申し分ない。
IMG_0566.JPG

天ぷらは塩と天つゆの両方が供される。
オオバは天つゆ、エビは塩で・・・などと、食べていても楽しい。
IMG_0567.JPG

最後の蕎麦湯も美味しかった。

戸隠には何軒もの蕎麦屋がある。
少し冒険をして、評判の良い店を探そうとも思うのだが
小食になってしまった私の胃には、そんな余力はないだろう。
これからも戸隠に行ったら、昼食はこの店になるだろう♪♪♪



関連ランキング:そば(蕎麦) | 長野その他



nice!(4) 

豊橋市 そば源 2012/10/07

長い間 蕎麦を食べていなかったわけではない。

伊良湖岬に行った帰り、無性に麺類が食べたかった。
頭の中は幸田の“いなよし”の天ぷらうどんに決まっていた。
・・・が、豊橋市内を迂回するバイパスの手前を走っていたとき
『戸隠蕎麦 そば源』の看板が目に入った。
IMG_0551.JPG
定番の天ぷらざる蕎麦
IMG_0552.JPG
IMG_0553.JPG
IMG_0554.JPG

味は殆ど覚えていないが、店内は豊橋名物のカレーうどんの匂いでいっぱいだった(>_<)



関連ランキングそば(蕎麦) | 向ケ丘駅





nice!(1) 

長浜市 手打ち蕎麦 みたに 2012/09/20

琵琶湖泊まる事になったので、前々から気になっていた『みたに』に行ってみた。
細い路地に その店はあった。
夕刻、5時半の開店と同時に店に入った。
IMG_0542.JPG
落ち着いた店内には 心地良いジャズが流れていた。

注文は・・・やはり天ざる(1680円也)である。
IMG_0547.JPG

塩でいただく天ぷらは、サクッっと揚がっていて美味しかった。
何よりいろんなネタを揚げてあったのが嬉しい。

かんじんな蕎麦は…よく見てみれば、やや不揃いなものの
コシのある麺は最後まで“腰抜け”にはならなかった。
IMG_0548.JPG
そして この時期なのに香りが良かった。
つゆも私の好みであった♪♪♪



関連ランキング:そば(蕎麦) | 長浜駅



nice!(1) 

長野県 木曽福島 くるまや国道店 2012/08/04

御嶽登山口に行ってきた。
スキー場から見た夏の青空は、私の蕎麦食欲を刺激する。
IMG_0523.JPG
老舗のくるまや本店をめざし グネグネの山道を下りて、いざ木曽福島へ・・・。

ところが くるまや本店は午後の3時過ぎだというのに、道路沿いの待合席で数人が待っていた。
冗談ではない!この暑い日に外でなど待っていられない!!
・・・と言うことで、姉妹店の“くるまや国道店”に行ってみた。

名前の通り 国道沿いにあるこの店は、外観がドライブインのように見えた。
店内に入っても なんだか騒々しく、所謂蕎麦屋の上品さが全く感じられなかった。
内心『しまった!』と思ったが、『あっ、間違えました』と言って店を出る勇気もなかった。
店員が水を運んできて注文を聞いた・・・やっぱりドライブインのようだ。


かき揚げとざる蕎麦が運ばれてきた。
IMG_0524.JPG

天つゆも塩も無いので、店員に『かき揚げは どうやって食べるのですか?』と聞いた。
『これにつけて食べてください』と蕎麦徳利を指差した。
どうやら 天つゆも蕎麦つゆも同じつゆを使うらしい・・・やっぱりドライブインらしい。

麺は黒っぽく太い。
IMG_0526.JPG
一箸食べてみると、香りは良いし甘い。
ただ何かモチモチした食感だ・・・が、不味くはない。
つゆは甘ったるいが、この麺との相性が良いように感じた。
かき揚げもガリガリしていていたが、知らないうちにたいらげていた。

今 流行りの上品な蕎麦屋とは全く違うが、お腹を空かした私には満足できる味だった♪♪

後記
後で気づいたのだが、店内の騒々しさはテレビのワイドショウの所為だった。
しかし、店内は完全禁煙だし、それなりの気配りがあったのだろうか。
それよりも午後3時を過ぎた頃だったのに、ほぼ満席状態だったのには驚いた。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 木曽福島駅



nice!(0) 

ところで・・・蕎麦とは全く関係無いのですが

7月23日、立山に行った帰りに、懐かしの万波川に寄ってきました♪
上りの道は完全舗装されていましたが、道幅はあの頃と あまり変わっていません。
グネグネと曲がりくねった上り坂の最後には万波峠があり、そこを少し下ると見覚えのある橋が・・・。
1.JPG
いつも、ここから始まりました^^
橋の袂に車を停めて 水の色を見ていました♪
2.JPG
橋の上に立って下流を眺めてみました。
ブッシュが以前より厳しくなっているように感じました。
人が入っていない証拠なのでしょうか。
3.JPG
そこから上流をみると裏谷?だったでしょうか、左からの小さな流れ込みは今もありました。
4.JPG

橋の所で思い出に浸った後、この突き当りを右に曲がりました。
7.JPG
いよいよイワナの宝庫だったところです(笑)
林道は荒れ放題、『走りにくいなぁ~、引き返そうかなぁ!!』
と思った その時、この塔が見えました。
5.JPG
ここからよく入川したものでした。
川にワイヤーが張ってあります。・・・これも昔のままでした。
番号が書いてある板がぶら下がっています。
この番号札の②辺りに よくバックキャストでフライを引っかけたものでした。
どなたかはキャストの度に引っかけて『こんなワイヤー切っちゃえ!』
・・・って、よく怒っていらっしゃいましたね(笑)
でも、しかたありません。
この辺りはイワナの良型が多く、夢中になってロッドを振ってしまいますからね♪
6.JPG
ここでも十分な思い出に浸りながら、来た道を引き返します。
7.JPG
先ほどのT時路を越えまっすぐに行きます。
この写真では左折した方角ですが・・・。

最初に行っていた頃は未舗装のゴトゴト道でしたね。
それから暫くしてチェーンが架かるようになって、それも『切っちゃうか!?』と仰ってた方を知っています(笑)
しかし今ではチェーンは無く、快適な舗装道路に整備されています。
8.JPG
開墾されて『高原大根』などが栽培されていました。

ゴミ谷辺りから様子が変わってまいりました。
電柵が張り巡らされていて、牛が飼われていました。
9.JPG

昔は万波川と言う言葉を聞いただけで、何か胸がワクワクとときめいたものでした。
今もイワナは居るのだろうか・・・途中1台のランクルとすれ違いました。
間違いなくフライフィッシャーだと思いましたが、あえて お話をするのはやめておきました。

懐かしい風景
昔とは違う風景なのに・・・
数時間、ここで遥か昔を懐かしんで・・・そして帰路につきました。
nice!(0) 

きょうわのそばや 2012/07/17

妻と相撲を見に行った帰りに ここに寄ってみた。
他のお店で注文するメニューを ここでも注文した。
お店のつくりも、お店の方も感じが良い。
IMG_4739.jpg
蕎麦の香りは良かったが、私には麺が細すぎる。
しかし甘目のつゆに絡んで、麺とのバランスは良いようだ。
IMG_4740.jpg
上品なお蕎麦屋さんですね♪



関連ランキングそば(蕎麦) | 共和駅


nice!(0) 

岐阜県ひるがの高原 五郎作  2012/05/31

ひるがの高原に『手打ち蕎麦』の看板を見つけた。
街道沿いにある店は 観光客には嬉しい存在だろう。

高原といえど、5月末の日中は暑い。
冷たい蕎麦は 私にとっても嬉しかった。
天ぷらざる蕎麦(1500円也)をいただいた。
IMG_0273.JPG

蕎麦は細めで 香りは良かったが、終いの方にはブチブチと切れた。
IMG_0275.JPG

天ぷらは“モチッ”とした食感。
しかし、山菜の天ぷらは美味しい
IMG_0274.JPG

つゆが薄目だったのは残念だった♪

五郎作
nice!(1) 

山形県 酒田市 蕎麦切り 田毎 2012/05/12

今日は昼食に蕎麦を食べたので、夕食には蕎麦以外のものを・・・と思いつつ
下調べをしておいた蕎麦屋に入ってしまった。

田毎・・・どこかで聞いたような名前だが(笑)
IMG_0266.JPG

自宅を改装した店舗は こういう感じの店が多い。
掘り炬燵のようになっている席は、どうやら流行りのようだ。
IMG_0254.JPG

天ぷらせいろ(1800円なり)を注文んだ。
少し時間をおいて、天ぷらが運ばれてきた。
『カリッ』っと揚がった天ぷらは美味しいが、量が多すぎる。
IMG_0259.JPG

少し食べた頃に蕎麦が運ばれてきた。
凄くコシがある。
IMG_0263.JPG
・・・と言うより、硬すぎぃ~(>_<)
“つなぎ”に何か秘訣があるのかもしれない。

蕎麦も天ぷらも量が多かったので
本来なら、蕎麦湯は楽しめないところだが
つゆが美味しかったので、ここでも飲み干してしまった♪♪



関連ランキングそば(蕎麦) | 酒田駅



nice!(1) 

新潟県 妙高市 こそば亭 2012/05/12

以前、蕎麦の事を調べていた時に
『こそば』と言う在来種の蕎麦の記事を読んだ記憶がある。
蕎麦の実の中でも最も小さい部類の品種だそうだ。

そんな蕎麦を出す店が妙高にある。
名前もズバリ “こそば亭” (^^)
遠くからの客も多いようで、駐車場には私以外にも
愛知県のナンバー横浜ナンバーの車が停まっていた。

さっそく定番の天ぷらざる蕎麦(1300円也)を注文した。
IMG_0244.JPG

蕎麦は香りがよく、コシもあり、美味しくいただけた。
IMG_0245.JPG

天ぷらはサクッと揚がっていて、これも美味しかった。
IMG_0246.JPG
特に山菜の天ぷらが良い。
山菜の名前も勉強しておくべきだった(^^;)

最後に〆で蕎麦湯を堪能。
IMG_0247.JPG
徳利のつゆも 蕎麦湯も全て飲み干してしまった♪♪♪♪



関連ランキングそば(蕎麦) | 新井駅



nice!(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。